高収入が狙える外資系ITコンサルの管理職

外資系ITコンサルは、非常に儲かる仕事です。専門的な知識が必要なので誰にでもできる仕事ではありませんが、その分報酬も高いわけです。外資系ITコンサルにおいては、一般の社員でも年収が一千万円を超えてくることがあります。管理職ともなると、その年収はさらに上がるのが普通です。多い人なら、二千万円以上稼ぐケースもあります。ただその分、仕事はハードになります。特にハードなのが、精神面でしょう。非常に大きな責任が自分の肩にかかってきます。管理職ですから、誰にも相談ができないこともあるでしょう。自分が経営者の視点で、仕事のやり方を決めて行かなければなりません。ときには部下の尻拭いをさせられることもあります。報酬は高いですが、リスクも高いわけです。安定して稼げるというわけではない点に注意が必要です。

いつでも会社を辞める覚悟を持ちつつ仕事をしていく必要があるため、精神的に弱い人は現実的に難しいと言えます。コンサルタント業には正解がありません。よりベターな方法を常に模索していく必要があり、自分の決定が本当に正しいのかという疑念はいつでもつきまといます。完全に疑念が払拭できることはまずないため、その点でも精神的にはハードです。少しでもスキルを高めて、経験を積むしか、楽になる道はないと心得ておくといいでしょう。管理職には、基本的には残業代がつかないことがほとんどです。ですから勤務時間も特に決められていない場合が多いです。定時に帰れるとは限らない点も、管理職の大変な部分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です