主体的に行動し自ら決断できる人に最適

エンジニアやプログラマーといったIT技術職にとって、就職先の選び方は重要になってきます。IT業界はグローバルな活躍が可能になるので、日本の国内企業だけではなく、外資系ITコンサルといった方向も面白いものでしょう。大手外資系の特徴は個人の能力が重視される点で、自らのスキルアップやキャリアアップを考えているなら理想の職場であり、同時に業績が上がらなければ簡単に切られてしまうリスクがあることも忘れてはいけません。日本のIT業界も変わりつつありますが、これまでの慣習が続いていることも多く、大手になるほど個人主義よりも調和を重要視しているところが多いのです。これは決して悪いことではなく、場合によっては個人よりも業績がアップする可能性もあって、重要なのは己の適性を知ることです。

外資系ITコンサルは業務内容上、顧客は大企業が中心になっていて、それも世界レベルのものとなっていきます。それゆえ競争も激しくなりますが、それだけに自分自身の向上に役立つでしょう。大切なのは特徴を知って、自らの適性を考えて選択することです。一度就職しても退職することは可能で、経験は力になってくれますが場合によっては無駄な時間を過ごす、ストレスを抱え込んでしまうことになります。個人主義で能力に絶対の自信を持っている、協調性よりも一人で考えて決断を出すタイプには向いていると言えます。じっくりと考えて、適性検査などを利用して選ぶ、これが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です