外資系ITコンサルで必要とされる人材とは

外資系ITコンサルの仕事は、顧客となる企業が抱える問題をIT技術を駆使して解決することですが、この業界で働く上においてどのような資質や能力が求められるのでしょうか。それらの資質や能力についてですが、まず専門知識の点でいえば、特に外資系のコンサルファームでは、自社の独自のメソッドを新入社員に研修期間を通じてじっくり学ばせるので、専門的な予備知識などは特に必要なく、実際の業務を通じて学んでいくことができます。

次に、技術的な点でいえば、業務のどの課程に携わっているかで異なってきます。例えば、上流課程でいえば、プランニングなどの要件定義、中流課程でいえば、クライアントに導入する基幹システムの開発とテスト、下流課程でいえば、プログラミングとメンテナンスの業務となります。どの課程においても、できればIT技術をある程度有しておいた方が良く、違ったやり方としては、新卒ではなくITベンダーで技術的な経験を積んで外資系ITコンサルに転職するという方法もあります。資質的な部分では、顧客の要望を素早く把握できる能力や、その要望を解決に導く為の技術的な解決法を確実に定義できる能力などが求められます。

また、個々の仕事の案件やコンサルファーム企業によっては頻繁に会議を行う必要性も出てくるため、高いコミュニケーション能力も必要とされます。さらに、いずれはチームリーダーやプロジェクトマネージャーに進むことになるので、リーダーとしての資質も備えていなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です